日本酒の日とは?

10月1日「日本酒の日」とは?

十二支の10番目に当たる10月は「酉」の月、日本では「トリ」と読まれますが、元来壷の形を表す象形文字で、酒を意味しています。
また、10月といえば新米を収穫し、酒蔵が酒づくりを始める季節です。
以前は、酒づくりの季節が10月から翌年9月の区切りとなっており、それに合わせて酒造年度は「10月1日」から始まる一年間でした。
このようなことから、「日本の國酒である日本酒を後世に伝える」という思いを新たにするとともに、一層の愛情とご理解をという願いを込めて、1978年に日本酒造組合中央会が「10月1日は日本酒の日」と定めました。
なお、古来日本酒は神様にお供えする神聖なものとされてきており、「乾杯」には、神様の前で人々が心をひとつにする願いが込められています。

日本酒で乾杯! WEEK:2022年9月23日(祝・金) ~ 10月2日(日)

2022年10月1日(土)の「日本酒の日」と、その前後の9月23日(金・祝)〜10月2日(日)の10日間を「日本酒で乾杯! WEEK」として、日本酒の美味しさや乾杯の楽しさを参加者が体感するイベント「全国一斉 日本酒で乾杯! 2022」を開催します。各都道府県の酒造組合、酒蔵、飲食店、酒販店等と連携して、日本酒で乾杯!するイベントを全国各地で行います。

全国一斉 日本酒で乾杯! 2022

10月1日(土)19時にオンラインで全国一斉「日本酒で乾杯!」

日本酒を2,000円以上ご購入いただき、専用フォームから該当レシートをアップロードいただいた方の中から抽選で1,001名様に、乾杯がもっと楽しくなる日本全国の厳選地酒を1本プレゼントいたします。
※銘柄はお選びいただけません。
さらにWチャンスとして、外れた方の中から101名様にオリジナル升をプレゼントいたします。
また「日本酒の日」10月1日(土)には、どなたでも自由にご参加いただける「日本酒で乾杯!」オンラインイベントをYouTube LIVEで開催します。イベントでは料理家による日本酒に合うおつまみの紹介や、スペシャルゲストによるトークショー・クイズ大会のほか、全国各地の状況をリポートし、19時にオンラインで全国一斉「日本酒で乾杯!」を行います。

日本酒の日、世界が日本酒でつながる

古くから、日本酒は神様にお供えする神聖なものとされてきました。「乾杯」には人々が心をひとつにする願いが込められています。人と人とが会うことに遠慮する日々を過ごしてきましたが、それでもやっぱり乾杯はうれしい。距離の壁を越えて、同じ日、同じ時間に日本酒で乾杯することで、心がひとつになれることを、全国、世界へ向けて発信しましょう。世界が日本酒でつながることを願っております。

全国一斉 日本酒で乾杯 ! 2022各種ダウンロード

公式フライヤー(A4サイズ)ダウンロード

《共通版》

《白窓版》

《英語版》

《英語白窓版》

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader日本語版(無償)が必要です。最新のAdobe Readerをダウンロードするには、下記ボタンをクリックしてください。

公式ポップ(首掛け)ダウンロード

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader日本語版(無償)が必要です。最新のAdobe Readerをダウンロードするには、下記ボタンをクリックしてください。

公式ロゴ(2種)ダウンロード

《10月1日は日本酒の日ロゴ 横組版》

《10月1日は日本酒の日ロゴ 縦組版》

《KAMPAIロゴ》

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader日本語版(無償)が必要です。最新のAdobe Readerをダウンロードするには、下記ボタンをクリックしてください。

お問い合わせ

「全国一斉 日本酒で乾杯!」事務局

Email:jimukyoku@kampai-sake.jp